軟骨の組織は約80%が水分で、そのほかに約20%のコラーゲン、タンパク質と糖分からできたプロテオグリカンとこれらの分子を作り出す軟骨細胞で構成されています。
軟骨や靭帯の関節組織や細胞をつなぐ結合組織など、体内に広く存在しているグルコサミンですが、体内合成力は加齢とともに低下します。

※数値データは、文部科学省 科学技術動向センター「科学技術動向No.72」参照


グルコサミンは、カニやエビなどの甲殻類の外皮を形成するキチン質や、ヤマイモ、ウナギ、牡蠣、フカヒレなどにも含まれています。食事で摂取することもできますが、ごく少量であったり、体外に排泄されやすかったりするため、摂取しにくい栄養素といえます。
コラーゲンはタンパク質の一種で、膝や股関節といった関節の中の軟骨にも存在します。またビタミンCにはコラーゲンの生成と保持を助ける働きがあります。
ProfecR〈プロフェック〉、LB81乳酸菌に加え、オリゴ糖1.9gと食物繊維0.63gが配合されています。芳醇な香りとさわやかな酸味のある明治乳業独自の乳原料を使用することで、グルコサミン特有の苦味を閉じ込め、甘味と酸味のベストバランスを追求しました。飲み飽きないおいしさだからこそ、毎日続けられます。
 


「明治軽快グルコサミン」に含まれているグルコサミンは、カニ・エビからつくられています。
日本で一番多く使用されているグルコサミンが原材料です。安心してお飲み下さい。

※生産量統計を基にした食品添加物の摂取量の推定(その2 既存添加物品目)
(平成18年度厚生労科学研究費補助金研究事業)より



   
このページのトップへ戻る
 
    m 無題ドキュメント